編集者・小平淳一の共有ノート編集者、ライター、クリエイティブディレクター。伝えたいことを実名で書き連ねます。

MacユーザがGoogle Play映画を楽しむ

[`evernote` not found]
Pocket

macgoogleplay

最近、Google Playの映画レンタルを利用することを覚えました。

うちには現在Android端末が1台もありませんが、MacでもWebブラウザのGoogle Chromeを使えば、Google Playの映画をレンタル&購入して再生できます。フルスクリーンにもなるので、iMacなら単体で十分楽しめるはず。

僕のメインマシンはMacBook Proなのですが、ノートで長い映画を見るのは少し疲れるので、リビングのテレビに映してみることにしました。リビングのテレビにApple TVがつながっていれば、あとはMac側(OS X 10.9以上)でAirPlayの拡張ディスプレイをオンにすればOKです。マルチディスプレイ環境になるので、テレビ側でGoogle Chromeをフルスクリーンにすればテレビの大画面を有効活用できるというわけです。

Macユーザなら、iTunesのムービーレンタルがあるじゃないか、そう思う人もいると思いますが、iTunesムービーレンタルで配信されているタイトルよりもGoogle Playで配信されているタイトルのほうが多いと思います。特に僕の場合、B級ホラーというジャンルが好きなのですが、そういったマイナーな作品はGoogle Playのほうが圧倒的に充実しています。また、Google Playには日本のテレビアニメなども複数のタイトルが配信されています。僕もそのうち手を出すかも…。

1つ残念なのは、Webブラウザでの再生の場合、画質がSD品質になってしまうこと。とはいえ、僕自身はもともとそれほど画質にうるさい人間ではないので、それでもまったく構いません。Google Playの場合、HD画質のレンタルが500円、SD画質のレンタルが400円になっていたりするので、画質にこだわらず、なんとなく見たいという作品なら、100円お安く見ることができます(ちなみに先日見た「武器人間」という映画は、iTunesでも配信されていて、そちらの価格は500円でした)。

「マイナー映画が好きなんだけれど、iTunesだとあまりタイトルが揃っていないなぁ…」というMacユーザの方は、Google Playを試してみてはいかがでしょうか。

Comments are currently closed.