編集者・小平淳一の共有ノート

ペンを片手にベスト・エッセイを読む

ベスト・エッセイ

文章力を鍛えるために、僕がやっているトレーニング方法を1つご紹介します。教材は「ベスト・エッセイ」という本。僕は片手にペンを持ち、気になった部分に線を引いたりしながら読むようにしています。

70人を超えるエッセイ・アンソロジー

いつだったか、とにかくエッセイを渇望していた時期がありました。僕は、主に雑誌やウェブマガジンで記事を書いています。そんな僕が文章力を高めるには、いろいろな方のエッセイから学ぶのが一番いいのではないかと考えたわけです。

小説でも詩でも、それぞれに学ぶところはいっぱいあります。しかし、伝えたいことをコンパクトな行数の中に詰め込むエッセイという分野は、より自分の仕事に直結するノウハウを学べるのではないかと思ったわけです。

かくして手に入れたのが「ベスト・エッセイ」(日本文藝家協会 編著、光村図書出版 刊)という本です。書店の棚でよく見かける著名な作家、エッセイスト、詩人、哲学者などが約70人集まったエッセイのアンソロジー集です。それぞれのエッセイは3見開きくらいなので、ちょっとした時間を見つけて気軽に読むことができます。

どうやら毎年刊行されているようです。Amazonで調べてみると2002年版がありましたが、いつから始まったのでしょうか……。僕が最初に手に入れたのは2021年版でした。

読書の方法を変えた一冊

僕がこの本を読むときは、すぐそばにペンを携えています。「お!」っと思ったフレーズがあったら、即座に線を引くようにしているのです。また、面白いと感じたエッセイはページの端を折って目印にしたり、自分が知らない語彙はiPhoneを使って即座に意味を調べ、意味を書き込んだりしています。

ここまで記事を読んで、本に書き込みを入れたり折ったりすることに抵抗感を抱いた人もいるのではないでしょうか。元々は僕も、本を粗末に扱うなんて……と感じていました。しかし、作家で実業家の本田直之さんの「レバレッジ・リーディング」(東洋経済新報社 刊)という本を読んでから、その感覚がガラリと変わったのです。

主にビジネス書を読むコツがまとめられている本なのですが、根底にあるのが「読書を自分の投資にする」という考え方。漫然と文字を目で追っているだけだと、人はすぐに内容を忘れてしまう。そこで折り目をつけたり、大切だと思ったところに書き込みをしたり、能動的なアクションをすることで記憶に残りやすくする、ということなのです。この本は他にもさまざまな気づきを与えてくれると思いますので、興味のある方はぜひご一読ください。

少し横道にそれましたが、僕はそんな理由から、大切だと思ったところはどんどん折り目をつけたり線を引いたりしているわけです。また、1冊読み終わったら、折り目をつけたページや線を引いた分を改めて見直しています。こうすることで、より深く記憶に残せるのではないかと思っています(「印をつけたところを見返す」というのも、レバレッジ・リーディング流のメソッドです)。

注目すべきポイントを教えてくれた「朝日新聞記者の書く力」

具体的に、僕がどんな箇所に線を引いているのかも触れておきます。

  • 短くて印象的な書き出し
  • 比喩表現(直喩、暗喩)
  • オノマトペ(擬態語、擬音語)
  • 聴覚、味覚、触覚の表現
  • 句読点による心地のいいリズム感
  • 印象的な言葉の反復
  • 自分の知らない語彙

こういったところに注目すると、作家の方々の表現力のすごさがより強く感じ取れるようになり、同時に自分との圧倒的な力量の差を痛感します。今まで漠然と読んでいたプロの文章が、手本の塊だったことに気づくわけです。

この気づきを与えてくれたのも、1冊の本でした。「朝日新聞記者の書く力」(真田正明 著 さくら舎 刊)という本です。40年間朝日新聞の記者を務め、夕刊のコラム担当までしていた真田正明さんが、魅力的な文章を書くためのコツを教えてくれています。

個人的には、ある程度まとまった文章が書ける中級者向けの文章術かな、という印象を持ちました。「ある程度のことは文章で伝えられるようになったけれど、人を魅了するようなレベルにはまだまだ。人を惹きつける文章はどうやって書けばいいの?」という人のための本だと思います。まさに僕にピッタリの内容だったというわけです。

この本には、さまざまな作家の文章が多数引用されています。この本を読んだことで、プロの文章を読むときどこに注目すべきなのか、自分に足りないのが何なのかがよくわかりました。この本に出会う前と後で、すべての文章への接し方が変わると思います。こちらもおすすめの一冊です。

というわけで、今回は欲張って3冊の本を紹介してしまいました。興味を持った方はぜひご覧ください。