編集者・小平淳一の共有ノート編集者、ライター、クリエイティブディレクター。伝えたいことを実名で書き連ねます。

IllustratorファイルをAcrobatで開くメリット

Pocket

actrobat01

Adobe Illustratorのファイル(AI形式)は、Acrobatで開くことができます。ご存じでしたか? かくいう僕も最近たまたま気がついたので、どのバージョンからできるようになったのかはイマイチ不明なのですが。

「ふーん、AcrobatでIllustratorのファイルを開けるんだ。だから何?」
という人も多いかもしれません。でも、メリットは案外多いと思います。たとえばこんな感じ。

Illustratorを持っていなくてもAIファイルの内容を確認できる。印刷できる

これは、編集者の人など、自分でIllustratorを扱わない人にとって特に魅力的な点だと思います。デザイナーさんから受け取ったIllustratorのデータを印刷してチェックしたい、そんなときに、使い慣れていないIllustratorを起動するよりAcrobatで開いたほうが気分的に楽なのでは?

作成したイラストをPDFにして他の人に送るときにも便利

自分で作成したイラストなら、Illustratorで開いてからPDFに書き出すというのが王道です。でも、ファイルを開いていない状態で、かつIllustratorも起動していないという状況だったら? 環境にもよるのかもしれませんが、僕のマシンではAcrobatのほうがIllustratorよりも素早く起動してくれます。Acrobatで開いたらそのまま保存して、できたPDFを他の人に送ることができます。

複数のIllustratorファイルを1つのPDF文書にまとめるときに効果絶大

実はこのシチュエーションでAcrobatを使うのが一番魅力的です。例えば文書をページごとにファイルを分けて作ることってありますよね。Illustratorのアートボード機能を使わずに、別々のファイルに分けているという。そういうデータを結合したいとき、これまで僕は、いちいちファイルを個別にPDFに書き出して、それからAcrobatで結合していました。でもこれからは、そんな手間も要らなくなるというわけです。

acrobat02

…などなど、AcrobatでIllustrator書類を開けることは案外メリットが多いのですが、IllustratorファイルのすべてがAcrobatで開けるかというとそうでもありません。Illustratorでの保存時に[PDF互換ファイルを作成]のチェックを入れるとうまくいくのだと思いますが、入れていなくても開ける場合もあり、もう少し調査が必要かもしれません。また、「開けるかどうか」と「単一のPDFに結合ができるかどうか」も、必ずしもイコールではないようです。

うまくいかない状況もあるとは思いますが、さしあたって最新のIllustratorで最新の形式で保存している限り、僕のマシンではうまくいっています。余計な手間が省けるというのは本当に嬉しい限りです。