編集者・小平淳一の共有ノート編集者、ライター、クリエイティブディレクター。伝えたいことを実名で書き連ねます。

AcrobatはIllustratorで作った複数のアートボードを理解する

AcrobatはIllstratorのアートボードを理解する
[`evernote` not found]
Pocket

最近、Adobe IllustratorをそのままAI保存→Acrobatで開くということのメリットに気づき、積極的に活用しています。そんな中で、また新たに発見したことが1つ。それは、「Illustratorで作った複数のアートボードを、Acrobatは正しく理解してくれる」ということです。

どういうことか、もう少ししっかりと説明すると。

Illustratorのアートボード
まず、こんな感じで複数のアートボードを持ったIllustratorファイルがあるとします。

artboard02
これをそのままAI形式で保存。「PDF互換ファイルを作成」のチェック入れておきます。

あとは、このAIファイルをAcrobatで開く。すると…。

artboard03
こんな感じで、アートボードの番号順にきちんとページ分けをしてくれるのです。

そのままPDF形式で保存しなおせば、クライアントにもサクッと提出できます。

企画書やデザインカンプで複数のページに渡る場合、これからはなるべくIllustratorのアートボード機能を使って作るのがいいな、と感じました。

Illustratorで企画書などを作成する人にとってはかなり便利な機能だと思います。ぜひおためしあれ。

Comments are currently closed.