編集者・小平淳一の共有ノートPleasure to create, Pleasure to Learn.

CCLibraryとCCXProcess暴走の(暫定)対処法

Pocket

OS X El CapitanでAdobe Creative Cloudをアップデートした後、「CCLibrary」と「CCXProcess」というプロセスが暴走するという状況に見舞われました。どうやらこの状況に陥った人は他にもいるみたいで、AdobeのコミュニティーフォーラムをはじめWebサイトのあちこちで賑わっています。

僕自身は「しばらくすればアップデートが出て解決するかな」と思って数日放っておいたのですが、使っているとどうにも我慢できず、ついに対処法を探すことに。

公式見解としては、暫定的な対応としてアプリケーションをアンインストールしてください、とありますが、それでは仕事ができない。

【お知らせ】Creative Cloud デスクトップアプリケーションアップデート後のトラブルにつきまして

で、さらに情報を探ったところ、該当の「CCLibrary.app」と「CCXProcess.app」を圧縮しちゃえば?という記事にもたどり着きました。
そこで一瞬考えて、「待てよ? 圧縮すると動かないということは、もしかしてファイル名を変えるだけでも動かなくなるのでは…」という仮定に至り、試してみることにしました。

結果として、リネームしてからピッタリと暴走が止まったようです。圧縮するよりもちょっとだけ手間は省けるような気がします。

あ、リネーム前には、「アクティビティモニタ」で該当プロセスを終了しておくといいと思います。

ただしこの方法、「CCLibrary.app」と「CCXProcess.app」がどんな動きをしているのかもわかりませんし、リネームしたことで別の不具合を引き起こす可能性もありますが、「どうしても我慢できない!」という人は、試す価値があると思います。

なお、該当ファイルは下記の場所にあります。

アプリケーション/ユーテリィティ/Adobe Creative Cloud/CCXProcess/CCXProcess.app
アプリケーション/ユーテリィティ/Adobe Creative Cloud/CCLibrary/CCLibrary.app

cclibrary01

僕はこんな感じで、とりあえずアタマにアンダーバーをつけてみました。

同様の対策を取るときは、あくまで自己責任でお願いします。